《独学OK》土地家屋調査士試験に合格するためのオススメのテキストまとめ

この記事は約23分で読めます。

 

土地家屋調査士試験の勉強を始めたいんだけど、どんなテキストを買えばいいの?

てか本屋さんに行けば買えるのかな?

 

そんな疑問にお答えします。

試験勉強を独学でやるとなるとまず問題となるのが「テキスト(教材)」選びですね。

この試験は受験者数が少ないマイナーな試験なので、ネット上のブログやサイトを見てもあまり情報がありません。

本屋に行っても宅建などの有名な資格に比べればずいぶん品ぞろえが悪いです。

どんなテキストを選んでどのように学習を進めていけばいいのかが全く分からず、手探り状態で不安になっている人も多いはずです。

気持ちはすごく分かります。ほんと情報が少ないですよね~あったとしても古いし・・・

結論からいうと、最初から最後まで独学で合格することも可能ですが、記述式と答練だけは予備校を使ったほうがいいです。

この記事では、約半年の独学で土地家屋調査士試験に受かった私が使っていたテキストや問題集(答練を含む)をご紹介します。

今から紹介するものをマスターできれば合格圏に入るはずです。

 

この記事で分かること

  • 独学の勉強の流れ・スケジュール
  • 勉強を始める前に買うべきテキストや問題集(無料あり)
  • 予備校を使って記述式の勉強をする方法
スポンサーリンク

土地家屋調査士試験に合格するためのオススメのテキスト一覧

独学の勉強の流れ

まずは勉強の流れから知っておきましょう。今回は1年計画でスケジュールを組んでいます。

  1. 必要な道具を買う
  2. 択一の過去問をひたすら解く(平均2~3ヵ月)
  3. 記述式の基礎を学ぶ(1週間以内)
  4. 建物の基礎(2ヵ月)
  5. 土地の基礎(2ヵ月) 記述式の過去問(2週間~1ヵ月)
  6. 記述式の演習問題+ひたすら択一(3ヵ月以上は欲しい)
  7. 模試(できれば実践答練)
  8. 本試験(10月下旬ごろ)

 

ざっとこんな感じです。

独学でも予備校でも基本的な流れはほぼ変わらないです。

基礎→ひたすら演習っていう受験の王道パターンですね。

調査士試験は三角定規や0.3mmのシャーペンなどが必要になるので先に買っておいてくださいね。

参考:【まとめ】土地家屋調査士試験の勉強が10倍はかどるオススメの道具たち

関数電卓の選び方はこちらに書いています。

参考:【土地家屋調査士】一発合格した私がオススメする関数電卓3選!《試験対応》

※あとで解説しますが、記述式の勉強だけ予備校を使うなら三角定規は買わなくていいです!あと、関数電卓も講義で使うものと同じ機種を買ってください!

 

1.択一の過去問をひたすら解く(平均2~3ヵ月)

土地家屋調査士 択一式過去問 (日建学院)

まずは択一(マーク式)の問題からクリアしていきます。

初めて不動産登記法を勉強するならかなりキツイですが、ひたすら繰り返します。

覚えることが多すぎて頭が爆発しそうになりますが頑張りましょう。

詳しくはこちらにまとめています。

参考:【土地家屋調査士試験】択一の勉強方法&対策まとめ《半独学がオススメ》

民法が分かった(法学書院)

民法の勉強を初めてする人は民法から勉強した方がいいです。

すでに民法の基礎が分かっているなら飛ばしてOK。

具体的な勉強方法はこちらに書いています。

参考:【民法改正】土地家屋調査士試験の民法はどうやって勉強する?

2.記述式の基礎を学ぶ(1週間以内)

※ここから独学で記述式の勉強をする方法を解説しますが、人によっては記述式だけは予備校を使ったほうがいい場合もあります。後で解説します。

いきなり記述式の過去問を解いても全く解けません。

まずは基礎知識をインプットする必要があります。

テキストは「土地家屋調査士試験 登記申請書と添付図面(法学書院)」を使います。

申請書の書き方を項目別に解説しているテキストです。

私が知る限り、記述式の基礎をテキスト形式で書いているものはこれしかないですね。

※図面のかき方についてはネット上にほとんど情報がありません。

数少ないYouTubeの動画などで勉強するしかないです。

「土地家屋調査士試験 登記申請書と添付図面(法学書院)」の中にも図面の解説が少し載ってます。

3.建物の基礎(2ヵ月)

基礎知識が頭に入ったら簡単な問題を解いていきます。

「土地家屋調査士 記述式合格演習テキスト(東京法経学院)」を使います。

残念ながら初心者レベルの記述式の問題集は市販にはありませんので、東京法経学院の問題集を取り寄せることになります。(次で紹介する土地も同様)

東京法経学院のオンラインショップで買えます。

このテキストは土地と建物の問題があるのですが、どちらから解いてもいいです。建物のほうが簡単なので初心者でも解きやすいと思います。

 

 

(補足)書式図面練習用紙は買ったほうがいい?

建物も土地も図面をかく練習用紙が必要です。

私は東京法経学院の「土地家屋調査士 書式練習用紙 A3判」を一度だけ買いました。

 

内容はこんな感じです。申請書と図面が表裏になっています。

  • No1-1(25枚):土地の登記申請書(表)/地積測量図(裏)
  • No1-2(3枚) :地役権図面(表/裏)
  • No2-1(20枚):建物の表題・表題部変更等の登記申請書(表)/添付図面(裏)
  • No2-2(6枚) :建物の分割・合併の登記申請書(表)/添付図面(裏)
  • No2-3(6枚) :建物の合体の登記申請書(表)/添付図面(裏)
  • No3  (20枚):区分建物の登記申請書(表)/添付図面(裏)

一度買ってしまえば、次からはコピーをして使えばいいです。

 

LECにも似たような用紙が売っています。こちらには申請書はついていないですね。(だから安い)

 

プリンターを持っている人はダウンロードしてもOK

アガルートアカデミーの公式ホームページに練習用紙が無料配布されています。

自宅にプリンターがある人はこちらを使えば無料で印刷できます。

プリンターを持っていない人はコンビニで印刷するか、先ほど紹介したものを買いましょう。

参考:土地家屋調査士試験|学習に役立つ!解答用紙・様式・ツール 無料ダウンロードページ

4.土地の基礎(2ヵ月)

建物の基礎問題集が解き終えたらいよいよ土地です。

土地の問題は初心者にとってはかなり難しいので挫折する可能性大です。踏ん張りましょう。

 

土地の勉強方法

  1. よく使う数学の公式を覚える
  2. 関数電卓の使い方をマスターする
  3. 問題集を解く

 

この流れで勉強を進めます。

土地の問題を解くには数学の知識が必要です。よく使う公式はこちらにまとめています。

参考:土地家屋調査士試験、測量士補試験で使う数学の知識

関数電卓の使い方はこのサイトでも解説しています。使う機種はF-789SG-SL(キャノン)です。

参考:【土地家屋調査士】複素数を使って最短で試験に合格する方法|F-789SG-SL(キャノン)

これらを理解してから問題を解きます。

そうでないと全く解けないです(笑)

ちなみに土地の問題集は建物で使ったものと同じものを使います。(東京法経学院のもの)

それから、土地の勉強をしている間も建物や択一の勉強は継続してやってくださいね。忘れてしまうので・・・

(補足)記述式は予備校を使ったほうが効率が良い

記述式の勉強は実際に手を動かして計算をしたり、図面や申請書を書いていきます。

計算は初めて勉強をする人にとってはかなり難しく感じると思います。

あと、申請書は独学でもなんとかなりますが、図面に関しては練習に動作がともなうのでテキストや画像では学習がしにくいです。

独学をする人にとって大きな挫折ポイントのひとつですね・・・。

独学ならYoutubeや他のサイトをもとに自分で習得していくことになります。土地に関してはこの動画が参考になります。

参考:土地家屋調査士映像講義体験版 基礎力養成講義「書式編」 日建学院

ということで、記述式の勉強だけは予備校を使って学習を進めることをオススメします。

【土地家屋調査士試験】[中山式]複素数計算(アガルートアカデミー)

 

講座の内容

  • 特に土地に関する問題で圧倒的に速く正確に計算できるのは複素数モード。この講座では練習問題を使って実際に問題を解く際に使うテクニックを習得できる
  • 講座の時間はたったの5時間
  • 使用する電卓:CASIO fx-JP500

 

土地の問題では複素数という関数電卓の機能を使います。この機能を使うとかなりスピーディーに問題を解けます。

私も複素数を使っていました。たぶん、一発合格している人のほぼ全員が使っていると思います。

注意点ですが、複素数での計算方法を紹介しているテキストやネット上のサイトはかなり少ないです。ていうかほぼゼロです。

私のサイトではCanonの関数電卓の使い方を解説していますが、この機種は日本語表示に対応していないので初心者にはとっつきにくいです。

(関数電卓についてはこちらで詳しく解説しています。)

参考:【土地家屋調査士】一発合格した私がオススメする関数電卓3選!《試験対応》

アガルートアカデミーの講義で使っているCASIO fx-JP500という機種は日本語対応です。

※画像上が普通の関数電卓の表示(英語)、下がfx-JP500の表示(日本語)

 

あと、CASIO fx-JP500はアイコンメニューが見やすいので初めて関数電卓を使う人でも感覚的に操作できると思います。

 

※画像上が普通の関数電卓の表示(英語)、下がfx-JP500の表示(アイコン)

 

個人的にはCanonの電卓が好きですが、英語が苦手な人や直感で操作したい人はCASIO fx-JP500を使ったほうがいいです。

アガルートアカデミーの講座ではCASIO fx-JP500を使っているので、講座を受講するなら同じ機種を買ってくださいね。

私のようにゼロから複素数を勉強するよりはサクサク進むと思います。

 

(補足)複素数で解く!関数電卓による測量計算(kindleで無料)

予備校を使うのはやっぱり抵抗があるな~という人に朗報です。

アガルートアカデミーの講師である中山先生が関数電卓の解説書を出版していました。

通常は1,250円するのですが、Kindle Unlimitedの会員なら無料で読めます。

Kindle Unlimitedは月額980円なので普通に買うよりもKindle Unlimitedの会員になってダウンロードした方が安いです。

あと、Kindle Unlimitedは月額0円キャンペーンを頻繁に行っているので、無料で読める人はダウンロードしてみるといいですよ。

キャンペーンの対象者なら無料で買えるのでお得です。(対象者かどうかは公式で確認できます)

公式:Kindle Unlimited

【土地家屋調査士試験】新・定規の使い方講座(アガルートアカデミー)

 

講座の内容

  • 定規をはじめとする作図用具の基礎的な使い方から地積測量図・土地所在図・各階平面図・建物 図面・地役権図面の書き方まで、独学では身に付かない早くて正確な作図方法を学ぶことができる
  • 講義の時間はたったの3時間
  • 〔付属品〕テキスト1冊、記述式解答用紙一式、オリジナル三角定規『SUGOOOI』

 

独学の場合はたった3時間で作図方法を学ぶことは絶対に無理です。

作図について解説しているテキストはないので、自分で試行錯誤しながら習得していきます。コツをつかむまで1週間はかかると思います。

アガルートアカデミーの講座を使えばたったの3時間でサクッと学べるのでとてもいいですね。

単発の講座なのでお値段もお手頃です。

※三角定規もついてくるのでわざわざ自分で買う必要はないです。(自分で買ったら3,000円くらいする)

 

 

〔オススメ〕記述式だけ予備校を使う場合のスケジュール

今回紹介した2つの講座を使うならこのような学習スケジュールになります。

 

  1. 【独学】択一の基礎学習を終わらせる(過去問)
  2. 【予備校】[中山式]複素数計算(※)
  3. 【予備校】新・定規の使い方講座
  4. 【独学】土地家屋調査士試験 登記申請書と添付図面を読んで申請書の書き方を勉強
  5. 【独学】土地の計算で使う数学の公式を覚える(※)
  6. 【独学】記述式合格演習テキスト(東京法経学院)で実際に申請書と図面を書く
  7. これ以降は完全独学と同じ

 

※複素数の計算と数学の公式の暗記は土地の問題を解く直前(=建物が一通り終わった後)にやってもいいです。土地の計算で使うものなので。

私は独学で苦労した経験があるので記述式だけは予備校を使ったほうがいいと思います。とくに短期合格を目指すなら絶対に使うべきです。

申し込みをした時点でスマホやパソコンで講義を受けられるので今すぐ勉強できますね。

公式サイトにはサンプル講義やテキストがあるので気になる人はどうぞ。

 

 

5.記述式の過去問(2週間~1ヵ月)

いよいよ過去問に入っていきます。 「土地家屋調査士 記述式過去問(日建学院)」を使います。

できれば建物→土地をノンストップで解いた方が良いですね。

スマホのタイマーでいいので時間を測って解きましょう。

 

  • 建物:50分以内
  • 土地:65分以内

 

時間配分についてはこちらに詳しく書いています。

参考:【土地家屋調査士試験】合格に必須な時間配分を確認しよう《択一・建物・土地》

最初は時間切れになることが多いと思います。

もしも時間がオーバーしても自力で解けそうならそのまま継続してOKです。

解き方が全く分からないなら手を止めて解答を見ましょう。

市販の過去問は8年分しかないです。建物・土地を合わせても16問ですね。

なので、一周するのに長くて1ヵ月程度だと思います。

2周目は解き方を覚えているのでサクサク解けます。

苦手な部分を繰り返し解いて完璧にしてください。

6.記述式の演習問題+ひたすら択一(3ヵ月以上は欲しい)

過去問まで解き終えたらあとはひたすら演習です。

記述式は市販の問題集や東京法経学院の問題集を何回も解きなおします。

市販の問題集は「楽学 土地家屋調査士 記述式セミナー(住宅新報社)」を使います。

過去問と同レベルかそれ以上の難しさですが頑張りましょう。

演習の段階に入ると図面を書くのにも慣れてくるので毎回書かなくてもOKです。

択一は過去問を繰り返し解いて忘れないように注意します。

予備校を全く使わない場合はここで終わりです。あとは本番を待つのみ!

7.模試(できれば実践答練)

独学での場合、記述式の添削をしてもらう機会がありません。

図面や申請書の書き方をチェックしてもらえないんですよね~

なので、最低1回は模試を受けた方が良いですよ。

私は東京法経学院の模試を2回受けています。 模試代の平均は1回15,000円くらいです。

日建学院なら一回5,000円なのでお得です。(日建は通信のみ)

(2020/6/6更新)東京法経学院の模試の募集が始まりました

2020年6月6日現在、東京法経学院の模試(全2回)の募集が始まっています!

 

新型コロナウイルスの影響により第1回目は自宅受験のみですが、添削指導や成績通知は行われます。詳しくはこちらをどうぞ。

 

 

独学だと演習不足になる

資金に余裕があるなら実践答練を受けた方が良いです。

実践答練とは回数が多い模試みたいなものです。

予備校にもよりますが、だいたい10~20回くらいですね。

最安値は早稲田法科専門学院の41,800円(全8回・通信)になります。

参考:【土地家屋調査士】答練・模試の料金と日程を徹底比較

ちょっと高いですが答練を受けた方がより合格に近づきます。

独学で勉強した場合は使える問題の数が限られているので演習不足になるんですよね。

市販されている問題集が少ないのでどうしようもないんですよね~

私はメルカリで東京法経学院の実践答練の問題を手に入れたのでそれを解いていました。(全部で9回分の実践答練)

ただ、中古で手に入るかどうかは時期によるので、手に入らない場合は最低でも模試は受けないと場数が少なすぎてちょっとヤバイです。

六法・建物認定・土地認定は必要ない

今回は土地家屋調査士試験の勉強に役に立つテキストについてご紹介してきました。

「あれ?調査士六法はいらないの?」と思った人もいると思います。

個人的にはこの試験の勉強で調査士六法はいらないと考えています。私も買っていません。

予備校によっては半強制的に買わされるところもあるみたいですが、使う機会はほとんどないと思いますよ。

持っていても損はないですが、なくてもそんなに困らないです。

私がこのように考える理由についてはこちらに書いています。

参考:土地家屋調査士試験の勉強に「六法」は必要ない件

また、建物認定と地目認定もいらないです。

参考:土地家屋調査士試験|建物認定・地目認定は必要なのか?

これら2つは試験向けというよりは実務向けの知識が掲載されています。なので、使う場面はほとんどないと思います。合格したら買えばいいですね。

さて、今回紹介したとおりに勉強していけば合格圏内に入ると思います。

ちなみに私は半年で合格しています。

参考:【土地家屋調査士】半年の独学で合格した勉強方法&スケジュール

どれくらい勉強すればいいのか知りたい人はこちらを参考にしてください。

参考:【必読】土地家屋調査士に独学で合格できる勉強時間は?《半年と1年の合格パターンを紹介》

 

では、勉強頑張ってください!

タイトルとURLをコピーしました