【土地家屋調査士】答練・模試の料金と日程を徹底比較《2020年》

 

土地家屋調査士試験の答練と模試ってどこで受けられるの?

詳しい料金と日程が知りたいな~

そんな疑問にお答えします。

土地家屋調査士試験は演習がかなり重要です。とくに記述式はたくさんの問題を経験すれば本番でも安定して点数が稼げます。

なので、予備校で開催されている答練や模試は積極的に受けたほうがいいです。

土地家屋調査士試験に対応している予備校は全部で5社あります。予備校によって受講回数や料金が違うので分かりやすくまとめてみました。

 

ケン
ケン

この記事は現役の土地家屋調査士が書いています。

私自身も東京法経学院で模試を受けた経験があります。

スポンサーリンク

【土地家屋調査士】答練の料金と日程を比較(2020年6月5日更新)

予備校名 料金 回数 一回当たりの金額 添削 形態 講座名 発送日
アガルートアカデミー 79,800 6 13300 × 通信 実践答練 2019/11/6
LEC 187000 26 7192 通信・会場 答練フルパック 2020/5/21
154,000 16 9625 通信・会場 答練スタンダードパック 2020/5/21
110,000 10 11000 通信・会場 答練直前パック 2020/7/20
東京法経学院 187,000 21 8905 通信・会場 合格直結答練2020 2020/2/10
147,400 14 10529 通信・会場 実戦答練2020 2020/4/13
日建学院 180,000 20 9000 通信 答練コース 2020/6~
早稲田法科専門学院 41,800 8 5225 通信 項目別答案練習コース 2020/2/5
69,300 12 5775 通信 受験全国答案練習コース 2020/6/3
75,900~129,250  15 5,060~8616 通信 パーフェクト全国答案練習コース 2020/6/3

※会場=会場受験が可能という意味です。

LECか東京法経学院がオススメ

金額だけを見ればアガルートアカデミーが安いですが、添削指導がついていないので自己採点という形になります。

添削指導付きの方が良い人はLECか東京法経学院が良いと思います。(私は東京法経学院の答練を解いていました。)

添削指導は模試だけで良いという人は、アガルートアカデミーの答練+市販の問題集でも良いです。このパターンが一番金額が安いですね。

ただ、答練の問題数が6回というのは少ない気もしますね。

たくさん解きたいという人は日建学院でも良いですが、知名度と金額から見るとLECか東京法経学院の二択ですね。

これらの実践答練には公開模試が2回分含まれています。(LECは最終チェックテストという名称です)

LECと東京法経学院の答練の内容の違い

LECも東京法経学院もいくつかの種類があります。

予備校名 講座名 回数 料金
LEC 答練フルパック 26 177,650円
答練スタンダードパック 16 146,300円
答練直前パック 10 104,500円
東京法経学院 合格直結答練2020 21 187,000円
実戦答練2020 14 147,400円

 

全て通信(映像授業つき)で計算しています。(通学でも大差ないです)

回数が少なくなるにつれて料金も安くなりますね。

答練フルパックまたは合格直結答練2020は本番形式の問題を解く前に過去問の解説や基礎問題などの時間があります。

模試のように本番形式の問題だけを解ければいいと言う人はこれら以外の講座を選ぶと良いです。

詳細は公式からどうぞ。

【土地家屋調査士】模試の料金や日程を比較(2020年6月5日更新)

予備校名 料金 回数 開催時期 形態 講座名
東京法経学院
  • 一回14,300円
  • セットは24,200円
1~2
  • 1回目…5月下旬~6月上旬
  • 2回目…7月18・19日
自宅or会場

(1回目は自宅のみ)

全国公開模試
  • 39,600円
  • 3回セットのみ
3 4/28に問題発送 自宅で受験、解説は通学も有  スーパー模試THEゴールドウィン
日建学院 5,000円 1 6月上旬 自宅のみ 自宅模擬試験
早稲田法科専門学院 18,802~28,600円 1~3 9月 自宅or会場 全国公開模擬試験

 

LECの答練には「最終チェックテスト」という公開模試が2回含まれているのですが、こちらの模試のみを単体で受験するということは出来ないようです。(20/6/15現在)

なので模試のみを受験するなら、東京法経学院・日建学院・早稲田法科専門学院のどれかを選ぶことになります。

全て添削指導がついてくるのですが、日建学院は自宅受験のみです。

会場受験をしたい場合は東京法経学院か早稲田法科専門学院を選びます。

一度くらいは慣れない会場で模試を受ける経験をした方がいいので、近くに校舎がある人は会場受験をしたほうがいいです。(会場受験は予備校の校舎で行われます)

  • 東京法経学院の校舎…東京、名古屋、大阪、福岡
  • 早稲田法科専門学院の校舎…東京都新宿区のみ

 

私は東京法経学院の模試を会場で受験したことがあります。

その頃はまだまだ初心者で点数はボロボロだったのですが、自分のレベルが客観的に意識できたし、何より良い刺激になりました。

それから、独学の人は模試を必ず受けた方がいいです。最初から最後まで独学にしてしまうと、誤って覚えた知識を訂正できる機会がなくなります。

とくに記述式の問題はプロに添削してもらう機会が必要なので、最低1回は模試を受けるようにしてください。

模試が受けられる予備校

東京法経学院の模試の日程が出ました(2020年)

 

2020年の模試の日程が出ています。東京法経学院の模試はかなり良問なので受けておいて損はないです。

新型コロナウイルスの影響で第1回目は自宅受験のみです。地域によって開催日が違うので詳しくは公式サイトを見て下さい。

タイトルとURLをコピーしました