【土地家屋調査士】関数電卓[F-789SG]の使い方|二点間距離の求め方(複素数)

 

二点間距離って関数電卓で出せるの?やり方を教えてほしい!

そんな疑問にお答えします。

今回は二点間距離(=筆界点間の距離)の求め方です。

複素数モードが使える段階まで進んでいることを前提として話を進めていきますので、まだ設定が終わっていない人は下の記事を読んでくださいね。

使う機種はキF-789SG(キャノン)です。

【土地家屋調査士】関数電卓[F-789SG]の使い方|設定をリセット、メモリー方法、ライン表示、丸め、複素数モードに変更
F-789SGの基本的な使い方を解説!土地家屋調査士試験に必須のスキルです。
スポンサーリンク

関数電卓[F-789SG]を使って距離を求める前の注意点

フル桁に直す

「辺長を答えなさい」という問題では、解答欄には小数点以下第3位を切り捨てた数値を記入します。四捨五入ではなく、切り捨てです。
たしかに、『座標値は計算結果の小数点以下第3位を四捨五入し,小数点以下第2位までとする』…という公式の指示について解説しましたが、これは座標値の話です。
例えば座標値がX=1.1111、Y=.2.2222だったらX=1.11、Y=2.22になりますね。では、X=1.135、Y=2.268だったらどうなるでしょうか。正解はX=1.14(5を四捨五入)、Y=2.27(8を四捨五入)になりますね。この数字を解答欄に書いたり、後で紹介する求積の際に使用します。
辺長は小数点以下第3位を切り捨てます。なので、これから紹介する方法で答えが1.56789…という数字がでたら、「1.56m」が正解です。「1.57」ではないので気を付けてください。
なので、辺長を出す際には関数電卓の表示をフル桁にする必要があります。以下の操作でフル桁にすることができます。
[shift] [mode] [6] [9]

計算途中はフル桁

調査士試験の土地の問題では辺長を求めて、その答えをもとに違う点の座標を出す…といった複雑な計算をしていきます。なので求めた辺長をメモリーに記録させることが多々ありますが、記録させる辺長はフル桁のままです。
辺長は小数点以下第3位を切り捨てると言いましたが、これは最終的な答えを解答欄に書く場合の話です。計算の途中で辺長を切り捨てしないように気を付けてください。辺長の切り捨ては解答欄に書く時のみ!と覚えておきましょう。

座標を記憶させる

計算を始める前に前回使ったT1、T2の座標を[A]と[B]に記憶させておいてください。

  X Y
T1 100 100
T2 -150 200
[100] [+] [100] [i(白字でENG)]  [shift] [STO(白字でRCL)] [A(白字で(−)]
[(-)] [150] [+] [200] [i(白字でENG)] [shift] [STO(白字でRCL)] [B(白字で° ′ ″)]

関数電卓[F-789SG]で点間距離を求める方法

では、上のT1とT2の距離を求めてみましょう!上の図でピンク色の線の部分です。 距離は[Abs]を使い求めることができます。

 

 

[Abs] [Alpha] [A] [-] [Alpha] [B] [=]

答えは269.2582404となります。できましたか? ※ [Alpha][RCT]に置き換えても計算できます。少し練習してみましょう。

練習問題

A 100 100
B 150 300
C 300 250
D 200 50

まずはこの座標を電卓に入力してください。一度メモリーをクリアにするか、先ほどのT1、T2に上書きする形で大丈夫です。

こんな感じの配置です。ではそれぞれの距離を計算してみます。

A→Bの距離

[Abs] [Alpha] [A] [-] [Alpha] [B] [=]
206.1552813mですね。
ちなみにAとBを入れ替えてもいいですよ。
[Abs] [Alpha] [B] [-] [Alpha] [A] [=]
どちらを先に打っても答えは同じです。
 

B→Cの距離

 

[Abs] [Alpha] [B] [-] [Alpha] [C] [=]
フル桁だと158.1138830です。

C→Dの距離

 

[Abs] [Alpha] [C] [-] [Alpha] [D] [=]
フル桁だと223.6067977です。

A→Dの距離

 

[Abs] [Alpha] [A] [-] [Alpha] [D] [=]
フル桁だと111.8033989です。

答え一覧

さて、ここまで全て正解できましたか?できなかった人は座標の数値が間違っているか、打ち間違えの可能性があるので再度挑戦してみてくださいね。
計算結果と答えが合うまで繰り返し練習しましょう。

三平方の定理を使った計算方法

先ほどの計算方法は複素数を使ったものですが、三平方の定理を利用して答えを出すこともできます。

複素数を利用した方が早いのですが、テキストの解答にはこちらの方法が載っていることがあるので一応ご紹介しておきます。

例としてA→B間の距離を出してみます。

答えは206.1552813mでしたね。解き方を出す前に三平方の定理を復習しておきます。

出したい部分は「c」の辺長つまり斜辺ですね。

この式を変形します。

辺長は「正の数」なので「+」を採用します。答えが「−100m」なんておかしいですからね。さて、この式にAとBの座標を当てはめてみます。

図の通り、X座標同士、Y座標同士を引いてそれを二乗しています。A-BでもB-Aでもいいです。どうせ二乗するので答えは同じです。(マイナス×マイナスはプラスになりますからね)

 

 

 

打ち方としてはこのようになります。この解き方は複素数を知っているならばそんなに重要ではないです。ですが、東京法経学院などのテキストを見ると解説の解き方はこちらになっていることが多いんですよね。

なので一応知っておくと良いです。筆界点間の距離の出し方は以上です。何度も挑戦してマスターしてくださいね。

では、今回の記事はここまでです。

他の計算方法についてはこちらに書いています。

参考:【土地家屋調査士】複素数を使って最短で試験に合格する方法|F-789SG-SL(キャノン)

【土地家屋調査士】複素数を使って最短で試験に合格する方法|F-789SG-SL(キャノン)
キャノンの関数電卓[F-789SG]を使った複素数計算・交点計算をまとめています。土地家屋調査士試験では必須のスキルです。
タイトルとURLをコピーしました